スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台風 

今、台風23号が近付いているので、副音声の英語でNHKニュースを見ています。
アナウンサーのうち2人ぐらいは日本人のようです。
発音はとてもきれいなのですが、やはり声質やリズムがネイティブとは違います。

中継の時などは、同時通訳をしているのでしょうが、
どうやったら聞きながら話せるのでしょうか?すごいです。
主/副音声にすると、今言った事をどのように訳したかが聞けて、なかなかおもしろいです。
さっき、伊藤線のことを「イトーライン」じゃなくて「イトーセン」って言ってました。多分。

landslide は何回も出てきたので、もう忘れないでしょう。
evacuateも重要ですね。
ロンドンではよく、「直ちに駅から避難してください!」というアナウンスを聞きました。みんな普通に歩いてましたけど。
fierce なんかも久々に聞いて、思い出せてよかったです。


私は普段、日本人が英語を喋っているのをなるべく聞かないようにしています。
耳に入り易いからか、発音や喋り方がすぐにうつってしまうからです。
でも、このニュースはいいかもしれない。
瞬間でどう訳してるのか、興味津々で聴くので、単語や言い回しなどが頭によく入るような気がする。

○○ households have been adviced to evacuate.
○○世帯に避難勧告が出ています。

何回も聞いた。

人気ブログランキング
スポンサーサイト

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://englishtherapy.blog82.fc2.com/tb.php/12-967d9a29








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。