スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麗しのサブリナ 

今日『麗しのサブリナ』を観ました。
今さらですが。
なかなか面白かったです。

でも、なぜ『SABRINA』『『麗しのサブリナ』にしたのだろう?
『サブリナ』でいいじゃないか。
確かに「麗しの」を付けた方が受けがよさそうだけども。
オリジナルのタイトルをわざわざ変えなくても。

英語のカタカナ読みだと分かりにくいとか、日本語訳のままではタイトルとしてちょっと日本語としてはヘンとかならわかりますが。

『レナードの朝』という映画がありますが、あれは確か『AWAKENING』なのに、全然違うことになっている。

『Ally Mcbeal』『アリー my Love』になってるし。アリーはあってるけど。

たまに、「好きな映画は何?」と聞かれて、邦題を英語にしても全然分かってもらえない事がありました。

どうして全く違うタイトルを付けるのでしょう。


↓応援宜しくお願いします!
にほんブログ村 英語ブログへ ナレコム おけいこブログランキング ランキング 英語学習 ランキング 人気ブログランキング

スポンサーサイト

まぎらわしい英単語 

label ラベル とか レーベル とか ラベルをはる とか
lavel なし
lebel なし
level レベル とか 水平な とか 平らにする とか
rabel なし
ravel (編物などを)ほぐす とか 解く とか ほつれた糸 とか
rebel 謀反人 とか 反逆の とか 反抗する とか
revel ~にふける とか どんちゃん騒ぎ とか

それぞれを聞いたり言ったりして覚えていれば、ごっちゃにならないだろうが、こうやって見ると紛らわしいなあ。

人気ブログランキング

(私の)和英辞書に載ってない単語 

おかわり
と言えば、

Would you like another coffee?

とかが出てきますが、では「おかわり」という単語は?

これが私の和英辞書には載ってないのです。
「おかわり」は

refill

と言いますが、英和には載っています。
こう言う単語多くないですか?
私の辞書が悪いのか?

※bleuさんから頂いたコメントを参照してください↓


人気ブログランキング にほんブログ村 英語ブログへ ナレコム おけいこブログランキング ランキング 英語学習 ランキング

庭に二羽ニワトリがいます。 

11月26日の記事おもしろ英語に参加して頂いた方々、ありがとうございました。
色々な答えを頂きました。

最初問題の出し方が悪くて、EJさんから

I waited for you from the time you were born.

という答えを頂きましたが、なかなかいいセリフですねえ。

私が思っていた答えは、sunny-girlさんが大正解しました、

I waited for you from two to two to two two,too.
私も1時58分から2時2分まで待ったよ

でしたが、他にも、

I waited for you from two to two to two to two.
(午前or午後)1時58分から(午前or午後)1時58分まで



I waited for you from two to two to two two two.
1時58分から2時22分まで

などもいいですねえ。

庭に二羽ニワトリがいます」みたいなもんですね。
英語で言うと、面白くも何ともない。


そういえば、映画とかでこの様な言葉遊びのジョークが出た時、日本語の字幕はどうなってるんでしょうか。

例えば、
BRIDGET JONES'S DIARY』に出てくる、

Mr. Fitzherbert, "Titspervert", more like.



Here to introduce it is Mr. Titspervert. Oh, Fitzherbert, Fitzherbert.

のところ、字幕ではどうなっているのでしょう?

カタカナで書いて、日本語訳を付けとけばいいのか。
ミスター ティッツパーヴァート(日本語訳)みたいに。

日本語訳は、tit と pervert を組み合わせて、お好みで付けて下さい。

人気ブログランキング にほんブログ村 英語ブログへ ナレコム 学び&おけいこ 人気ブログランキング【ナレコム】ランキング ランキング 英語学習 ランキング

ランキング意味不明 

↓この記事はアメブロ時代の物なので、気にしないで下さい。

12月1日のランキングが、いきなり4000位以上落ちてました。
そのくせ、まだ昨日の記事にトラックバックが付く前のはずなのに、トラックバックランキングが異常に上がっている。
訳がわかりません
Weird.
そして、下にあるFlash全然いらないなあ。
それだったら過去1ヶ月分ぐらい表示させればいいのに。

Doesn't really matter though.

ヴォルフガング・ティルマンス展 

ヴォルフガング・ティルマンス

今日オペラシティーアートギャラリーヴォルフガング・ティルマンス展に行ってきました。

Wolfgang Tillmans (1968-)は、ドイツに生まれ、ロンドンを拠点に活躍中のアーティスト。

広々とした空間で彼の作品に囲まれていると、カルチャー雑誌の中に入りこんだような感覚になりました。
彼の日常がかっこいいのか、彼が写真を撮るとかっこよくなるのか?

実は深い背景などもあるみたいですが、それはここでは無しにします。

ちょっとよごれた流し台みたいなのも、彼が写真に撮ると、ポストカードにできるようなおしゃれなデザインになる。
よく登場するの物の中に「靴下」がある。
多分ただ干していただけの「socks on radiator(ラジエーターの上の靴下)」も、色がきれいで、いい感じ。
普通なら、「あ、洗濯物が写っちゃう」ってどけるのに。

やっぱりゲイはセンスがいい。


一応英語を書いときます。
「流し」は「sink」ですが、
アメリカ語では「洗面台」が「sink」(やwashbowl)。
イギリスでは「洗面台」は「washbasin」です。

ソックスは日本語になっているだけに間違え易いのですが、片方だけのことを言う時は、「sock」だけなので気を付けましょう。

↓応援ありがとうございます!
にほんブログ村 英語ブログへ ナレコム おけいこブログランキング ランキング 英語学習 ランキング 人気ブログランキング

ヴォルフガング・ティルマンス展は12月26日迄やっているので、是非。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。