スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロンドン同時多発テロ 

とうとうロンドンでテロが起こってしまった。
あれだけいっつも爆弾疑惑で地下鉄やバスが止まったり、通行止めになったりしてたくせに、とうとう爆発してしまった。
知り合いが心配。
Edgeware Roadはいつもバスで通ってた。
イスラム系の人が多い地域なのに、テロリストの人達にとっては関係無しか。
Tavistock Square! Aldgate East!
あー信じられない。
でもその場所の選択がいまいちよくわからない。
Liverpool Street とか Pddington とか King's cross とかやりそうなのに、全部そのすぐ近くを狙ってる。なんでだろう。
Tottenham Court Road とか Oxgford circus とかも狙われそうなのに狙ってないし。
テロリスト達の心理が全くわからない。
次は東京だ。
爆弾がどんどん身近になってくる。


スポンサーサイト

お気に入りinロンドン3 

portobello Road south

お気に入り in ロンドンお気に入り in ロンドン 2
の続きです。

Westbourne GroveをPortobello方面に行って、右側にあるZuccaというイタリアンレストランはうまかった。パスタが1200円~ぐらいだったと思うのですが、おいしいので、たまにはおいしいものが食べたいと思ったら是非。
ここのデザートは、普通の料理が出てくる様なお皿で出てくるぐらい、量が多い!そしておいしい。

そのまま進むと、右に確かOrganic(こんなそのままの名前だっけ?)という店があります。美容と健康を気にする人にはうれしいスーパーです。なので、日本の米や調味料なども売ってます。中で健康パン、総菜やスープを買って、店の前のテーブルで食べられます。

Portobello Roadに入って、少し南へ行った所に、Portobello Goldというシーフードレストランとパブとインターネットカフェとギャラリーが一緒になったような所があります。ホテルもやってるらしいです。そこで食事をしたことはないのですが、通りがかるたびに、いつも誰かが入って行くか、出てきていました。きっとおいしいのでしょう。
インターネットカフェといえば、いろんな所にある、easyeverythingが有名ですが、ここも似た様な値段で、設備もなかなか整っていたと思います。
お酒を飲みながら、たばこを吸いながら、こじんまりとインターネットをしたい方にはお勧めです。
が、火事にあったらしく(>_<)、2004年12月に復活するらしいです。

Portobello Roadを北へ戻ると、Colville Terrace</font> の手前の右側に、apartというアートギャラリーがあります。
新鋭アーティストなどの作品を取り扱っていて、かっこいい。

すぐ先の<b>Elgin Crescent
に左折すると、左にChristian'sというイタリアンgroceryがあるのですが、そこの特にバジルを使った総菜がおいしかった。
その並びにあるGraham & Green(確か)という雑貨屋もかわいい。

その向かいにも多分フランス系のcafe・groceryがあります。
並びには、Graham & Greenセレクトショップがあって、セールの時だけ何回か利用しました。

そのまた並びのNewsagent(新聞、雑誌、文房具、ちょっとした食べ物、飲料などを売っている店)は、オシャレな雑誌やアート系の本なども売っていて、良い。

その先をKensington Park Roadに右折した辺りも、おいしいレストランが数件ある。
名前は忘れてしまったが、右側にあるカフェバー兼となりにレストランの店は良かったです。中2階のソファーはいい感じです。

Portobello Roadをもう少し北に行って、確かTalbot Roadに左に入った所に、One Of A Kind(他に類のないという意味)というヴィンテージの店があります。高いです。が、安くしてくれるので、頼んでみましょう。

その向かいにも、セレクトショップがあって、新鋭デザイナーの服などを売っています。

Portobello Road沿いの古着屋は、前はいいのが結構あったのに、段々観光客向けみいたいなのが増えてきました。日本人が買いあさったから、いいのが無くなってきたと聞いた様な気もします。でも、探せばいいのもあります。

Talbot RoadをPortobello Roadから右折した所には、ROUGH TRADEという、レコードレーベルでもあるレコード屋さんがあります。
一時ロンドンで大ブレイクした、NY出身のバンド THE STROKESもここからCD出してますね。
ちょっと高かった気がする。

Portobello Roadからその辺のどこかを左折した右側にも、渋いレコード屋がありました。掘り出し物があるかもしれません。正確な場所は忘れてしまいました。

この辺から、北に行くにつれてどんどんrough area(危ないエリア)になっていきます。気を付けましょう。

マーケットは土曜日が一番大きいのですが、日曜日も確か少しやっていて、金曜の朝が一番狙いめらしいです。私は夜型なので、行った事ありません。

なんかショプガイドみたいになってきているので、この辺でやめます。



あーー懐かしかった。
またつづきで、他のエリアもやろうかなあ。


お気に入り in ロンドン
お気に入り in ロンドン 2

人気ブログランキング にほんブログ村 英語ブログへ ナレコム おけいこブログランキング ランキング 英語学習 ランキング

お気に入り in ロンドン 2 

crescent

昨日のつづきです。昨日の時点では、Notting Hill Gate駅を少し東に行ったとこにいました。

Bayswater Rd をそのまま行って、確かOssington Stに左折して、次の十字路の左角にPubがありました。店の前にちょっと外で飲めるスペースがあるところです。
素朴に落ち着きたい時は、お勧めです。
食事も8時ぐらいまでならあります。食事を出す時間がもう終わっているのに、メニューは出したままということがよくあるので、
Are you still serving food?」とかなんとか言って確かめてみましょう。

そして、その近くのChepstow Placeの右側にある、Chepstowというレストランパブ。いいです。あんまりイギリスのパブ、という感じではないですが。
ロンドンのパブはダンスミュージックみたいなのがガンガンかかってて、喋ってると疲れる所が多いです。
そんなパワーはないけど、飲みたいという時は、お勧めです。
アーティストの作品も展示してあって、食べ物もおいしい。
’周りは住宅地なので、騒ぎ過ぎないように’と書いてあるので、飲んだら騒ぐ人はやめた方がいいでしょう。

そこからまた西へ行って、Portobello方面に戻りますが、Ledbury Roadはおしゃれな感じです。
おしゃれと言っても、posh系おしゃれです。
Pembridge Villasから入って、北へ向かうと、左側にBBB(Beach Blanket Babylon)というレストランバーがあって、高級そうに見えますが、別に普通にだらだら飲めます。まあまあでした。
ロンドンでは、高級店でなくてもDoormanというかBouncer(用心棒)がいる店が多いです。

他にもオシャレな服屋や靴屋があり、高くて買う気になりませんでした。
Westbourne Groveという道を越えた左側に、VENTというヴィンテージの店があるのですが、狭すぎて人数制限があるため、一度も入れず。
どうせ高いから、別にいいです。
でもかわいいので是非。

Trousers(イギリス英語でズボン)を試着するときは、
Could I try these?」とtheseになります。
つながってるんだから、単数だろ!とかなり納得いかないですが、しょうがない。

その向かい辺りの、タイ料理を出しているパブもよかったです。

まだつづく・・・

お気に入り in ロンドン
お気に入り in ロンドン 3


↓応援よろしくおねがいします!
にほんブログ村 英語ブログへ ナレコム 学び&おけいこ 人気ブログランキング【ナレコム】ランキング 人気ブログランキング ランキング 英語学習 ランキング

お気に入りinロンドン 

garden

このエリア好きなのよー。
と言う時は

This is one of my favourite areas.」とか
This area is my favourite.」とか言いますが、
(favourite の綴りはイギリス式です。アメリカ式はfavorite)

My favourite blog 「英会話、その秘訣は!?」by EJさんが、私のブログを紹介してくれました

英会話、その秘訣は!?」は、その通りで、英会話を上達させる秘訣が書かれているのですが、読んでいるとなんだか気が楽になります。みんながつまずくポインとをよくご存じなので、それの対処法などが得られます。

そこで、EJさんの記事(11月10日)に、私も再び参加してみます。(記事参照)

今回はもっと独断的に、詳細まで書いてしまいます。

My favourite area の一つはPortobello 周辺です。
雨が降っていたり、曇っていたりしても、かわいい。
Communal garden(s?) という、何件もの建物に囲まれた庭で、囲っている建物の住民だけが使える共同プライベート公園みたいなのもたくさんあって、そこに植えてある木が綺麗なので、散歩にもいい。
いつも、いいなーと眺めないといけませんでしたが。

Portobell Roadのちょっと東側から西側は、マドンナも住んでた金持ちエリアNotting Hillです。
カーテンをおおびらきにしている家が多くて、中が!モデルルームか、雑誌の取材用かという様な、セッティングのしっぷりです。
多分留守なのに、ライティングもばっちり。防犯の意味もあるのだとは思いますが。
(2階だろうが3階だろうが、空き巣のプロの技はすごいらしいです。)

そこから北へ行くと、Holland Parkという公園があるのですが、そこはなかなかいいです。森の中に突如オブジェが展示されていたりしてました。(多分展示期間中のみですが)
日本庭園もあります。大したことはないけど、落ち着きました。

Notting Hill Gate 駅に戻ります。
Bayswater RdQueensway方面に歩いていると、左側に中古レコード屋が何件かあります。よく利用してました。ジャンルごとにお店が別になっています。

その辺りの向かいに、Notting Hill Arts Clubというクラブがあります。
ソファーもあるし、壁にはアーティストの作品が展示してあって、雰囲気が好きでした。

当時は、Creation Recordsの元社長、Alan McGeeの新しいレコード会社poptonesのイベントRadio4というのを毎週水曜日にやっていて、よく行ってました。
今もDEATH DISCOというイベントをやってますねえ。
(一時はTottenham Court Road のVirgin Mega Storeの正面のMETROというクラブに移っていたのですが、また戻ったんだ。)

あーNotting Hill Arts Club!行きたい。思い出の場所です。
音楽もgig(ライブ)も良くて、そこのDJ(と言っても、音楽オタクのpoptonesの一社員)と仲良くなったので、ある時期毎週のように行っていて、そこでScottish訛りに慣れました。顔見知りも増えてきて、楽しかったです。

行きつけの場所を見つけるのは、英語上達にいいかもしれませんね。イギリス人も結構shyだったりするので。

ちょうどイベントが始まって、間もない頃だったので、異常なくらい毎週有名ミュージシャンなどが来てました。そんな時は、
I spotted だれだれ last night.」(昨日の夜だれだれ見たよ。)
などと言います。
私はそんなに知識がないので、私の知らない有名人もたくさん来ていたと思うのですが、来ている人達から発せられるパワーには何か凄いものがありました。

そういうのもロンドンの魅力です。歩いているだけで、人々や出来事や色んなものから刺激やパワーを得られるのです。

つづく・・・


お気に入り in ロンドン 2
お気に入り in ロンドン 3


↓応援よろしくおねがいします!
にほんブログ村 英語ブログへ ナレコム 学び&おけいこ 人気ブログランキング【ナレコム】ランキング ランキング 人気ブログランキング 英語学習 ランキング

配管工、水道屋さんは、頻出度★★★か★★★★ 

昔、受験勉強で英単語帳とかやっていると、頻出度★★★とか出てきました。
今では、「この単語は頻出度4くらいだったな、でも意味は何だったっけ?」ということが多いです。ううー。

配管工「plumber」なんて日本で英語勉強してて出てきても、あんまり覚える気しないですよね。
それが、イギリスでは重要単語です

なんであの国はあんなに「an undeveloped country」なんだ!?
しょちゅうお湯が出なくなってました。
私が住んでた建物中、お湯が出なくなっているのですが、だれも大家に電話しない!
ちなみに大家は「landlordlandlady」ですが、これは頻出度★★★★★でした。

一回クリスマス前にシャワーが壊れた事があります。
たまたまやさしい大家(というか、不動産屋が直接大家だったので、そこの社員の一人)が日本に行っていて、他の人に直してくれと頼んだら、
「I'll do it soon」
と言われ、1時間しても何も起こらず。
もう一度電話したら、「plumberのJimに自分で電話してくれ」と言われ、ガチャッと切られた。

Jim the plumberが来たが、手に負えず、クリスマスに入ってしまった。
友達はほとんど田舎や母国に帰ってしまっている。
確か2週間位、わずかに残った友達の所にシャワーを浴びに行ってました。

友達の所もみんな似たようなもんです。
いちいちシャワー前にお湯を沸かさなきゃいけなかったり、ちょっと長くなると、途中から水になったり、建物全体が、週一か月一にテレフォンカードみたいなのでお金を払わないとお湯が出ないシステムで、それをやる当番の人がやり忘れ、しかも外出してたり。
もう21世紀なんだけどなあ。

24時間緊急plumberというのもあったのですが、それだと自腹になってしまうのでやりませんでした。

あー今は快適だ。

以上、reiichiさんの記事を読んで思い出しました。

人気ブログランキング






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。